私がコーチングをする時は、覚悟を持ってします。

人の心に触れるのは、覚悟が無いとできないと思うからです。

 

コーチングでは、相手は100%信じて心を開いてくれます。

その気持ちを、全て担う覚悟が必要なのです。

 

 

私は、出会う人に対して…

「調子どうですかー?」

「何か困ったことありませんかー?」

と声をかけます。

 

何気ない、挨拶程度の言葉ですが…

その言葉に対して、全力で相談してくれる人もいます。

 

だからこそ、そういった言葉でも

覚悟を持って声をかけるのです。

 

中途半端に相談を聞いて、途中で投げ出す…

相談を聞いて、中途半端にアドバイスする…

それは、逆に相手の心を踏み荒らして傷付けるだけなのです。

 

それが挨拶程度の声かけであっても…

聞いたからには全力で聴く。

心を開いてくれたからには解決するまで付き合う。

 

相手が勇気を持って心を開いてくれた以上は…

相手が望む結果までとことん付き合う必要があるのです。

 

相手の心に、軽い気持ちでズカズカと入り込んで…

興味本位で探りまわって…

荒らすだけ荒らして帰る…

そんな事はできません。

 

相手の心を聴くというのは、とても責任が重い事です。

 

とことん付き合う覚悟がなければ、触れてはいけません。

 

逆に、

聞いた以上はとことん付き合う…

それが相手にとって何よりの支えになるのです。