新しいチャレンジはとても怖いものです。

 

何から手を付けていいか分からない…

自分にできるのか…

右も左も分からずに、不安に襲われることもあるでしょう。

 

でも、誰もが「分からないことをなんとかしてきた」はずです。

 

 

例え、今は右も左も分からなくても必ず分かる時が来ます。

 

私も、起業した当初は何も分かりませんでした。

 

コーチングのやり方から

事業の始め方

営業の方法

確定申告とは何か

どう帳簿を付けたらいいのか

請求書の出し方、メールの送り方

支払いサイト

銀行員でやってきた事とは全く違う作業でした。

 

何も分からない状態からスタートしました。

 

サラリーマンの頃とは違い、誰も教えてくれない、助けてくれない、責任を取ってくれません。

 

でも、やるしかなかったのです。

 

恥を覚悟で専門機関に問い合わせ…

専門家に聞いてみて…

自ら足を運び、質問し、勉強し、覚えました。

 

振り返ってみると…

なんの繋がりもない経営者にSNSを通してメッセージを送っていたり

県外の講演会やセミナーにも足を運んだり

とにかく、動いて自分の足で知識と人脈を作ってきました。

 

だからこそ、これから新たなチャレンジをする人に伝えたいことがあります。

 

知らない事は恥ではありません。

そして、簡単に人に教えてもらった事は簡単に忘れていきます。

 

自分の足で身につけた知識や情報は、一生残ります。

 

知らなくてもいいです。

分からなくてもいいです。

 

大事なのは、知らない分からない事を

自分の足で解決しに行く「勇気」だけです。