月1回、東京に行きはじめて約半年が経ちました。

毎月、日帰りで東京に行っています。

 

それを約半年…

 

そもそも、行く目的もないのになぜ始めたかというと…

「イメージトレーニング」

としてです。

 

大分生まれ、大分育ちの私にとって

「日本中飛び回って仕事をする」

という事は遠く感じる事でした。

 

でも、自分の仕事を展開していくには、大分以外で当たり前に仕事ができるという事が条件です。

 

なので、とりあえず毎月東京に行こうと決めました。

しかも、日帰りで。

「東京が当たり前になれば、どこに行っても大丈夫」

という安易な考えから始まりました。

 

ただ単に…

「東京に朝行って、夜には大分に帰ってくる」

という感覚が当たり前になれば、日本中どこでも仕事ができると考えたのです。

 

仕事はもちろん、行く目的もありません。

 

東京に行ったら、なんとなく気になる場所に行って、時間になったら帰る…。

それを繰り返していました。

 

「お金の無駄」と言われた事もありました。

 

でも、ただただ「東京で仕事をする」というイメージで通い続けました。

 

そして半年経った今…

当たり前に東京でも仕事をしています。

 

もう東京の建物の大きさに興奮する事もなければ…

電車に乗るのに迷うこともなければ…

東京の人だから、と気負いすることもなければ…

田舎者だという劣等感もありません。

 

半年前まで、遠い場所だと思っていた東京は…

もう当たり前の場所なのです。

 

しょうもない事かもしれませんが…

とても大切な事です。

 

当たり前のレベルが上がれば、その分仕事のレベルも上がります。

 

今は遠いと思っている目標も、イメージを繰り返して

それが当たり前になれば…

意外と簡単に辿り着ける場所なのです。