クライアントは、悩みや不安など、何かに対する「答え」を求めています。

 

その答えを見つける為にコーチングを受けに来ます。

 

コーチは、クライアントの中にある答えを明確にしてあげる必要があり…

その為にコーチングスキルを磨く訳です。

 

その過程を分かりやすく言うなら…

クライアントにインタビューするようなものです。

 

コーチは、クライアントにインタビューをします。

 

どうなりたいのか?

どんな困難があるのか?

どんな過程を歩んで来たのか?

何をどう感じているのか?

インタビューで使う質問は無限にあります。

 

どのような質問によって相手の中から答えを引き出していくのか…

それがコーチングスキルです。

 

誰でも、インタビューを受けるのは気持ちがいいものです。

 

いかに気持ちよく話をさせるか…

いかに本心を引き出せるか…

そして、出てきた言葉の中から答えの核心を明確にできるか…

コーチがやっているのはこういう事です。

 

今、あなたの周りにいる人にインタビューをしてみて下さい。

 

普段のコミュニケーションからは知る事のできない、相手の価値観に触れることができるでしょう。

 

それだけで、相手は自然と大切なものを見つけていくのです。