人は様々なカテゴリに分けられます。

 

国籍…

出身地…

性別…

職業…

年齢…

 

それぞれのカテゴリでルールがあり、それによってスムーズな暮らしができるようになっています。

 

しかし、同時に私達は勘違いをしているかもしれません。

 

カテゴリ分けするのは、様々な不都合を解消する為なのに…

 

カテゴリによって「違う生き物」であるかのように上下を付けたがります。

 

しかし、実はカテゴリなんか存在しません。

 

日本人だから…外国人だから…

男だから…女だから…

歳だから…若いから…

 

それは頭の中の妄想に過ぎません。

 

カテゴリなんか目に見えません。

 

目に見えないのに頭の中で勝手にカテゴリ分けして、競い合うのです。

 

そういった境界線を越えて「自分も相手も同じ1人の人間」という事に気付く必要があります。

 

全ての境界線は妄想なのです。

 

妄想を捨てて、ありのままにコミュニケーションを取れば…

 

人は必ず理解し合えるのではないでしょうか。