どんな人でも

「キャラ」

を生きています。

 

それは例え無意識でも…

「自分はこういうキャラだから」

「性格だから」

そう言って自分や周りが作り上げたキャラクターを演じて生きています。

 

それは時に個性として、プラスの効果をもたらすでしょう。

しかし…

それがブロックとなって、ブレーキになる事もあります。

 

やればできるのに、そういうキャラじゃないから…

と言ってやる前から諦める。

 

今まで思い込んでいたキャラを捨てて

本当になりたい自分を演じてみる。

 

「誰を演じるか」

それだけで、目標はぼぼ叶うと言ってもいいでしょう。

 

過去や他人から作られたキャラを捨てて

理想の自分を作る。

 

人は役者として、キャラクターを生きているのです。