人間関係において大切なのは

「ギブ&ギブ」です。

 

これは

「与えたら自分に返ってくるから与えよう」

という事を言いたいのではありません。

 

「与えることに徹すれば、人間関係で悩むことはない」

という事です。

 

人間関係を「ギブ&テイク」で考えてしまうと

「こっちはこんなに尽くしているのに」

「こっちはやってあげたのに」

といった承認欲求の悪い部分が、関係を悪化させます。

 

「テイク」を求めるから

返ってこなかった時に、溝ができるのです。

 

だからこそ、人間関係は「ギブ&ギブ」です。

 

相手を助けてあげても…

協力してあげても…

手を貸してあげても。

「テイク」を求めなければ、幸せなのです。

 

自分が助けたいから助ける…

協力してあげたいから協力する…

手を貸したいから貸す…

 

「テイクが欲しいからやる」のではなく

「ギブしたいからやる」のです。

 

そうすれば、人間関係はシンプルに良くなるでしょう。