コーチングの結果は、コーチによるところが大きいでしょう。

 

コーチとの対話で目標や目的が明確になり…

コーチとの対話で内なるものに気付き…

コーチとの対話でやる気を起こし…

コーチとの対話で行動を起こしていく。

 

コーチの実力によって

クライアントに何をもたらすか大きく変わります。

 

では、コーチングの成果はコーチだけの実力なのか?

 

それは違うのです。

 

コーチは全力でクライアントを支え、押し上げます。

 

しかし

コーチングを受けようと思うのも…

目標や目的に対する覚悟を持つのも…

自分と向き合うのも…

やる気になるのも…

実際に行動を起こすのも…

クライアントが決意し、意欲をぶつけるからこそなのです。

 

最初の一歩をクライアントが自ら踏み出すからこそ、コーチは実力を発揮できます。

クライアントが自ら行動するからこそ、コーチは意欲を発揮できます。

 

コーチングの全てのきっかけは

クライアントが自ら生み出しているのです。

 

コーチのおかげではなく…

クライアントの実力なのです。