クライアントにとって、コーチングを受ける時に一番不安な事は…

「秘密が漏れること」です。

 

「自分の相談した事が、他の人に漏れるのではないか…」

そう思わせてしまったら、クライアントは本音で話すことはないでしょう。

 

例えば、SNSを活用する場合…

クライアントの実績を紹介する場合…

コーチは「集客のため」と思って色んなところに実績を出したがります。

 

そういった時、コーチは細心の注意が必要です。

 

クライアントの情報が漏れることは、絶対に避ける必要があります。

 

私は、コーチとしてクライアントの一切の情報を守ることを心がけています。

 

個人のクライアントはもちろん…

法人先でも、研修先でも…

クライアントの方から「紹介してほしい」という声が無い限りは一切表に出しません。

 

それが、自分にとって大きな宣伝効果になるとしてもです。

 

「秘密を守ってくれるコーチであるかどうか…」

クライアントにとって、コーチを選ぶ上で大きな要素です。