コーチとして最も気をつけるべき事は何か?

 

それは

「自分の価値観をこの世の正解と勘違いしない」

ということです。

 

私たちは自分の過ごしている環境で

考え方

正解とされること

そういった事を無意識に覚えていきます。

 

そして、過ごす環境の中での「正しいとされること」は

自分の価値観となり…

何を判断するにも価値観というフィルターを通して見てしまいます。

 

それこそがコーチの最大の敵なのです。

 

コーチがすべきことは

自分の正解を世に広めることではありません。

 

クライアントが思う正解を、人生で体現してもらうことなのです。

そして、クライアントが自分の価値観を大切にしながら生きることがコーチの存在意義です。

 

この「価値観」という敵が、コーチングを左右すると言ってもいいでしょう。

 

知らず知らずに植え付けられた固定観念…

環境の中で生まれる思い込み…

そういったものに侵されることなく、すべての価値観を認めていく。

 

それがコーチとして最も重要なことなのです。