残念ながら、コーチングをたった一回受けただけでは大きな変化はありません。

 

少なくとも、コーチングの時間は何かが明確になり

一時的なモチベーションは体感できます。

それは心地いいものであり、有意義な時間にはなるでしょう。

 

しかし、それだけでは「本質的」には変わりません。

 

人が変化していくには、サイクルが必要であり…

行動と学習を繰り返しながら変化を起こしていきます。

 

コーチングによって明確な目標を設定し…

コーチングによって行動を決め…

それをクライアントが実際に行動する。

行動して生まれた結果や気付きをコーチングによって見直す。

そこから更に次の行動を決めていく。

 

目標は1日でならず。です。

 

その過程で、クライアントは様々な変化を起こします。

 

プラスの変化もあれば、マイナスの変化もあり…

やる気になったり、挫折しそうになったり…

その度にコーチは寄り添い「1日では出来上がらない形を見せ続ける」のです。

 

コーチングは一夜で人生が変わる劇薬ではないかもしれません。

 

劇薬ではないけれど、クライアントの日常に浸透し…

朝起きて顔を洗うのと同じように

歯磨きをするように

毎日食事をするように

当たり前に存在すべきものです。

 

当たり前にコーチと対話することで

当たり前に目標を見続ける…

当たり前に行動し続ける…

当たり前に学習し続ける…

 

コーチの存在が、あなたの「当たり前」に変化を起こします。

そして、一瞬の変化ではなく、本質的な変化をもたらすのです。