クライアントのテーマが「雲」だとすると…

コーチングで答えを見つけるということは

「雲を掴むような話」なのです。

 

クライアントは掴み所のない「雲」を持ってきて…

「この中に答えがあるから見つけて掴んでください」

それがコーチングです。

 

コーチは「雲の中に確実に存在するはずの答え」を求めて試行錯誤するのです。

 

コーチは超能力者ではないので…

念力を使って答えを掴むことはできません。

 

息を吹きかけてみたり…

とりあえず手を突っ込んでみたり…

クライアントにヒントをもらったり…

色んな角度から雲にアプローチすることで答えを掴みとるのです。

 

そして、その答えを掴み…

雲が晴れたとき…

クライアントの心はスッキリと明確になります。

 

クライアントの雲がどんなに大きく濃いものであれ…

必ず最後には答えを掴み、雲を晴れさせる。

 

時間がかかっても

すぐに掴むことができなくても

諦めずに答えを探し続けることができる人が真のコーチとなるでしょう。