コーチングはそのスキルだけで、コミュニケーションに様々な変化が起きます。

 

しかし、現状では

「コーチングをどう扱うか分からない」

という事実があります。

 

コーチングとは、あくまで土台となるスキルであり考え方です。

 

コーチングという土台に「どんな付加価値を付けるか」によってコーチングの扱い方は変わります。

 

例えば、私たちプロのコーチは

コーチングスキルに「悩みの解決」や「目標の達成」という付加価値を付けています。

 

プロではなくても

コーチングに「部下の育成」を付加価値に付ける人…

コーチングに「スポーツの指導」を付加価値に付ける人…

コーチングに「経営アドバイス」を付加価値に付ける人…

といったように、様々な扱い方があります。

 

コーチングはそれ単体では、考え方の土台に過ぎません。

 

しかし、そこに何かしらの付加価値を付けることで

劇的にコミュニケーションが変わります。

 

あなたはコーチングの考え方をどう扱いますか?