コーチングは、企業のエグゼクティブから一個人まで…

幅広く活用されています。

 

目標や思考の整理、幸せの在り方を

それぞれの立場で明確にしていきます。

 

そして、それぞれが望む結果まで導いていくのがコーチングです。

 

つまり、コーチングを受ける目的は

「クライアント次第」で変わります。

 

コーチングが成立するには…

「なんの為にコーチングを受けるのか」

「コーチングによって何を手に入れたいのか」

「コーチに求める関わり方はどういったものなのか」

という事が明確になっている必要があります。

 

逆に、コーチは…

「クライアントの目的に応えられるのか」

「コーチとして出来ることはなんなのか」

「コーチとして出来ないことはなんなのか」

それらを明確に示す必要があります。

 

コーチングは、

クライアントからコーチへ…

一方通行の期待では成立しないし

 

コーチからクライアントへ…

一方通行の期待でも成立しません。

 

コーチングとは、コーチとクライアント双方が等身大で作り上げるものです。

 

あなたがコーチングを受ける意味…

あなたがコーチングをする意味…

明確になっていますか?