コーチングには2つの側面があると思っています。

 

1つは「スキルとしてのコーチング」です。

コーチングスキルを使って、目標達成や問題解決をする「プロ」としてのコーチングです。

スキルとしてのコーチングは、高い技術と知識が必要です。

 

2つめの側面は「思想としてのコーチング」てす。

高いスキルや知識がなくても…

「人は常に対等」

「相手の価値観を認める」

といったコーチングの考え方をコミュニケーションに活かす事は誰にでも可能です。

 

高度なスキル、知識、それだけがコーチングではありません。

コーチングには、人間関係が円滑になる「考え方」のヒントがあります。

 

日常生活の中で、少しだけ意識を変えるだけで

コーチングは様々な変化をもたらせてくれるでしょう。