コーチングを始めた頃…

コーチングを知っている人はいませんでした。

 

「コーチングをやっています」

といっても

「コーチングって何?」

といった反応しかありませんでした。

 

コーチングは認知度が無く…

コーチングをやっていること自体を怪しまれる事はばりでした。

 

バカにされたことも…

相手にされないことも…

一通りの悔しい経験はしてきたつもりです。

 

その当時はとても悔しかったです。

 

でも、私が唯一信じていることがありました。

 

「コーチングは世界を変える」

 

それだけは、信じて疑いませんでした。

 

私はコーチングを始めて2年半経ちます。

 

コーチングが世界を変える…

その気持ちは、未だに変わっていません。

 

むしろ、日々強くなるばかりです。

 

コーチングは世界を変える。

 

その気持ちが私の原動力であり

原点です。