コーチングはそれ単体で捉えると、あまりニーズが生まれづらいでしょう。

 

生まれづらいというよりは、ニーズはあるけれど

「自分の状況がコーチングによってどう改善できるか」

ということが理解しづらいです。

 

なので、コーチングという素晴らしいスキルも

浸透するのに時間がかかります。

 

コレ!というパッケージがないのが事実です。

 

しかし

コーチングはすべての土台となるスキルです。

 

営業マンも

経営者も

個人事業主も

政治家も

ニートも

引きこもりも

日本人も

外国人も

主婦も

学生も

人が生きる以上、コーチングは必ず良い影響をもたらしてくれます。

 

コミュニケーションツールとして

自己啓発のツールとして

悩み解決のツールとして

目標達成のツールとして

コーチングは扱い方次第でどうにでも化けます。

 

今後メイクセンスは

コーチングを組み合わせることで世界が変わると証明していきます。

 

コーチングが世界を繋ぐのです。