コーチングの「傾聴」は、相手にとって信じられないほど心地よい体験です。

 

自分の話に全神経を傾けてくれて…

一言一句に反応を示してくれて…

自分の言葉を全て受け入れて聴いてくれる。

そんな事は、普段の生活では体験できないからです。

 

通常、人の話を深いレベルで聞くことはありません。

必要な要件だけを聞き…

自分に不要な事は聞いたふりをして聞き流すのが普通です。

 

しかし、コーチングは普段では絶対にあり得ない「深いレベルでの傾聴」を大切にします。

 

コーチが傾聴をする事で

クライアントは尊重されていると感じ、自分を認める事ができます。

そして不安から解放され、コーチを心から信じられるようになります。

 

「傾聴」というスキルは、コーチングの基本であり真髄なのです。

 

そして、コーチングの「傾聴」は鍛えることができます。

日常生活で深いレベルの傾聴ができていなくても、それは鍛えることができるのです。

 

優れたコーチは、「話を聴く」という技術を熟練の域まで磨き上げた人のことです。

 

例えば、スポーツ選手が自分の身体を極限まで高めるように…

アーティストが表現方法を極限まで磨くように…

コーチングの技術も、鍛え磨き上げることで職人の域に達することができるのです。

 

そういう意味で言うと

コーチングが「できる」「できない」という表現は、少し違います。

普段意識していない「話を聴く」という行為を「磨く」か「磨かないか」というのが正しい表現方法です。

 

人の話を深いレベルで聴けているか…

それを意識するだけでコーチングのレベルが大きく変わるでしょう。