もしかしたら

自分の見ている世界は全て、自分の想像でしかないのかもしれません。

 

例えば、誰かがあなたの悪口を言っている…

それがあなたの耳に入るとします。

その時、きっと辛い思いをするでしょう。

 

でも…

もし、悪口を言っている事があなたの耳に入らなかったら?

 

あなたは辛い思いをする事はないでしょう。

 

「悪口を言われている」

あなたがそれを認識した瞬間に、それが事実となります。

 

でも、悪口を言われている事をずっと知らなかったら?

 

それは事実ではありません。

あなたが認識していない事は事実ではないです。

 

そもそも、それについて考える事もない…

つまり、それは存在していない事になります。

 

今、悩んでいる事…

それは、その物事を考えるから「悩み」として頭の中に存在します。

 

考えなければ…

悩みと認識しなければ…

それは存在しません。

悩む事はありません。

 

起こっている出来事に、意味は存在しません。

 

それを、捉える自分が「勝手に意味付け」をしているのです。

 

つまり…

全ては自分の頭の中で起こっている事です。

 

そう考えると

今、自分のいる世界は「想像上の世界」でしかないという事になります。

 

想像上の世界なので

自由に…

好きに…

自分らしく…

のびのびと生きたらいいのではないでしょうか。

 

全て、自分の頭の中で起こっているのです。