人は、自分のことを分かっているつもりで分かっていないものです。

 

自分の頭で漠然と思考を繰り返し…

なんとなく分かっているつもりになっている人は多いでしょう。

 

「自分にコーチングは不要」

と言っている人のほとんどがこう言います…

「全部自分で分かっている」

「結局自分次第だから」

 

もちろんそれはそうなのかもしれませんが

コーチングで得られる効果は、決してそんな浅いものではありません。

 

「分かっている」

「自分次第だから」

それがコーチングを受けない理由になるのであれば…

そう言っている人は、すでに文句の言いようのない、悩みや不安がゼロの最高に充実した人生を送っているはずです。

しかし、実際は違います。

 

「分かっている」

「自分次第だから」

それで何かが上手くいくなら、コーチという仕事は成り立たないでしょう。

 

分かっていても出来ない…

自分次第なのに何もしない…

それが人間です。

 

コーチングによって、クライアントは深く自分と向き合います。

 

コーチからの問いかけから始まり…

それに対するアンサーを考える。

 

その過程では、自分だけでは気付き得なかった何かに必ず気付くのです。

 

例え、自分のことを分かっていたとしても…

自分次第だと分かっていたとしても…

コーチングはそれ以上の何かを得られる時間になります。

 

「分かった」程度では終わらせない、更に深い学びや気付きがあるのです。

 

コーチングには、一人で考えるだけでは絶対に気付かない部分に焦点が当たります。

そして、今までの人生にはない大きな結果が生まれるのです。