人の幸せや成功などを、素直に喜べないのは劣等感が原因です。

 

心の中にある嫉妬が邪魔をしているのです。

 

でも本当は

素直に相手を認めたい…

という気持ちがあると思います。

 

やるべきことは、劣等感をうまく扱うことです。

 

劣等感をコントロールできれば

素直に、自分も他人も受け入れることができます。

 

では、劣等感とは何なのか?

 

劣等感とは

人の良いところと、自分のダメなところを比べて

自分が劣っていると感じる事です。

 

実は、優越感も劣等感も実は同じです。

人と自分を比べているという点においては、同じなのです。

 

優越感を感じたい人は、

劣等感を感じている人です。

 

人と比較することを習慣にしていると必ずそうなります。

 

劣等感をうまく扱うには

人と自分を比べる事をやめてしまう事からです。

 

自分は自分…

他人は他人…

そう思えたら、劣等感に悩まされる事はありません。

 

劣等感をどう扱うか…

大きな差が現れるのです。