コーチはクライアントの人生に踏み込んでいく必要があります。

 

クライアントの人生に踏み込むという事は

中途半端な後押しや中途半端なサポートではなく…

本気でクライアントの充実を支えることです。

 

本気で支えるということは

ただ「いいね」と言うだけなく…

ただ話を聞くだけでもありません。

ただ単に優しくするだけがコーチングではないのです。

 

時には

クライアントの反対意見を投げかけてみたり

あえて意見を押し返してみたり

クライアントの表面だけでなく、注意深く、様々な角度から問いかけてみる事も必要です。

そうする事で、クライアントの考えはより明確になり、揺るぎないものになっていきます。

 

クライアントの言葉をすべて真実として

コーチがなんの疑問を持たない。

そんな表面的なコーチングでは、真の答えには辿り着けません。

 

時には、痛い部分を突かれて怒るかもしれない…

厳しい問いかけに気を悪くするかもしれない…

それでもクライアントに対して、勇気ある問いかけをする必要があるのです。

 

クライアントが充実した人生を生きるのは勇気が必要です。

その勇気をコーチがコーチングによって体現するのです。

 

コーチが自分を守ろうとして、そこそこのサポートをするのではなく…

クライアントの深い部分に踏み込んでいくこと。

 

コーチの勇気ある問いかけが

クライアント本来の可能性を引き出すのです。