自ら進んで失敗をしたいと思う人はいないでしょう。

できれば失敗したくない…

失敗しないように行動した…

誰もがそう思います。

 

しかし、コーチングでは「失敗」は喜ぶべき出来事です。

 

失敗するという事は、何かにチャレンジした証です。

 

それなのに、人は大人になるにつれて

「失敗は恥ずべきものだ」

という概念を植え付けられていきます。

 

その概念がある限り

人は失敗を恐れ、変化を恐れ、何も行動ができないままになってしまいます。

 

だからこそ、コーチは

クライアントの失敗を喜びます。

 

失敗とはチャレンジした、行動した証であり

次のステップに進むことができるからです。

 

クライアントと共に、失敗したことを喜ぶ。

 

一見おかしな考え方ですが

コーチが失敗を喜べなければ、クライアントは更に行動を起こせなくなるのです。

 

失敗したらクライアントと歓喜する。

 

コーチに必要な要素です。