人は、自分を演じています。

 

自分はこういうキャラだ…

自分はこんな人間だ…

そういう風に自分をキャラ作りして、そのキャラを演じています。

 

もちろんそれは無意識に、です。

 

特に…

頑張っている自分

かわいそうな自分

苦労している自分

など、マイナスな自分を敢えて演じる事の方が強い傾向にあります。

 

私も同じです。

結局、誰かに認められたくて演じているだけです。

 

以前は、毎日のようにお酒を飲んでいました。

「経営者は悩みが多くて、飲まないとやってられない」

と自分で演じながら。

 

夜もなかなか眠れませんでした。

「経営者になると眠れないぐらい考え事が多い」

と自分で演じながら。

 

でも、結局のところ

「苦しんで、悩んでいる自分に酔っていた」

だけだと気付きました。

 

経営者として苦しんでいる自分…

経営者として悩んでいる自分…

そう演じる事で、経営者としての自分に酔っているのです。

 

周りに認められたいが為に…。

 

それに気付いた時、自分はレベルが低いなあと思いました。

そんなアピールをした所で、なんの意味もありません。

 

今は、家でお酒を飲むことも無ければ、飲み会に行ってもほとんど飲みません。

夜も、悩む暇があったらさっさとぐーっすり寝ます。

 

誰も「がんばってるね」とは言ってくれなくなりました。

 

それでいいのです。

 

誰もが「自分は弱い」と演じて、支えを求めます。

 

でも、それはただの演技です。

 

あなたは悲劇を演じているだけです。

 

その弱い自分に気付き、強くあろうと決意した時…

本当の成長が始まるのです。