私達は、様々な思い込みをしています。

 

人に対して…

出来事に対して…

受け取り方を、自分の思い込みで変換させています。

 

「この人は〇〇だ」

「これは〇〇だ」

それが正解であればいいのですが、大抵の場合は間違った思い込みによって判断しています。

 

「思い込み」はコーチングをする上で、大きな障害になります。

 

クライアントにコーチングしていても…

「この人はこういう性格だから」

「この人はこういう人だから」

と、つい相手の事を決め付けてしまう事が多々あります。

 

そういう思い込みで相手を見た時点で

コーチングは難しくなります。

 

思い込みの範囲内でクライアントをコーチングしてしまい…

クライアントの可能性に焦点が当たらないことがあります。

 

コーチングだけでなく…

日常生活の中で、何かを決め付け、思い込んで判断していないでしょうか?

 

思い込んだ時点で、それは可能性を制限する事です。

 

思い込みを捨てた時、すべての可能性は広がるのです。