タイトルに対する結論を言ってしまうと…

「性格を変える必要は無い」

です。

 

自分の短所や欠点を修正して、性格を変える事にエネルギーを注ぐより…

自分の性格を「活かせる方法」を考えた方が、健全で効率的です。

 

そもそも、人それぞれ持っている本質はそう簡単には変わりません。

 

小さい頃からの性格

これまでの人生で作られてきた性格

それは、あなたの中に根深く浸透しています。

 

それを無理矢理に変える必要はないのです。

 

必要なのは

「自分の本質的な性格を明確に捉える事」

そして

「その性格をいかに活用するか」

という事だけです。

 

周りから、どんなに短所と言われても…

変われと言われても…

型にハマる必要はありません。

 

自分の性格がハマる型を探すか、作ればいいのです。

 

性格を判断するのは

良い悪い、長短ではなく…

活かせているか、活かせていないか、です。

 

自分の性格に合った方法は何か?

自分の性格に合った環境は何か?

 

それを模索し続ける事が重要です。