全ては「想像」から生まれます。

 

しかし、人それぞれが持っている想像力には限界があります。

 

いくら大きな夢を見ろと言っても…

大きなビジョンを描けと言っても…

その人の持っている「想像力の壁」よりも大きな夢やビジョンを考える事は難しいです。

 

必死で夢やビジョンを描こうとしても、

想像力の壁を飛び出した壮大な夢が描けない事は多々あります。

 

人は、自分の想像を越える事を現実として捉える事が出来ません。

それでも、想像しなければ現状は変わりません。

 

その矛盾をクリアするのがコーチの腕です。

 

今まで想像も出来なかった夢やビジョンを描かせる腕

夢やビジョンを現実に出来ると気付かせる腕

 

クライアントがそれまで気付く事の無かった

「可能性」

をリアルに想像させるのがコーチの腕の見せ所です。

 

コーチは「想像させるプロ」である必要があります。

 

コーチの質問によって、これまでにない「想像」が生まれ…

現実に起こすための「想像」が具体的になり…

「想像」から現実を作り出す。

 

コーチとは、クライアントの想像力を掻き立てる存在です。

 

夢、ビジョン…

モチベーション…

プラン…

アクション…

それらは「想像」から作り出されるものです。

 

コーチは想像を作り出すアーティストなのです。