例えば、利益になる話があったら

どんな「損」が必要なのかを考える事が大事です。

 

利益を得るには、必ず身を削って「損をする」必要があるのです。

 

なんの損もない利益はありません。

 

お金をかけるのか

時間をかけるのか

何にしろ、自分の持っている何かを削って提供するからこそ「利益」が返って来ます。

 

誰でも得して利益が出る話は大好きです。

誰もがそこにアンテナを張っています。

 

しかし、損を進んで取りに行く人はいません。

 

利益を出すには、損が付いて回る…

という事は

損をしていけば、利益が出るという事です。

 

もちろんバランスは大事です。

 

お人好しでも、綺麗事でも

「損を取る」

 

損を取った先には、必ずそれ以上の利益があります。

 

利益が出るまで、損を取り続ける度胸と覚悟が必要なのです。