「当たり前」という言葉があります。

 

多くの人は「当たり前」ということを

「多くの人が正解とすること」

という捉え方をしています。

 

でも、コーチングではそうは考えません。

 

「当たり前」とは…

「人によって違う」のです。

 

自分にとっての当たり前は、

他の人にとって当たり前ではなく…

 

他の人にとっての当たり前は、

自分にとって当たり前ではないのです。

 

それが「価値観の違い」です。

 

人は、置かれた環境や人脈の中で

「当たり前」を決めていきます。

 

そして、他人の当たり前を受け入れることが出来なくなります。

 

そうして「固定観念」が出来て…

自分の当たり前に合わない人を拒否するようになります。

 

それぞれの当たり前は、全て正解です。

 

そう思えるように

まずは、自分の当たり前を疑ってみることです。

 

あなたは成功者かもしれない。

あなたは多くの人に好かれているかもしれない。

あなたは自分の事を分かっているつもりかもしれない。

 

でも、自分の当たり前を疑ってみることです。

 

自分の当たり前を疑い…

他人の当たり前を受け入れられるようになれば…

世界はまた一歩、平和に近付くでしょう。