コーチングはパーソナルで行われるのが基本ですが

組織やチームへの集団でも活用ができます。

 

その為に必要なのが「集団を1人の人格」という捉え方です。

 

組織全体を1人の人格として捉えると…

それぞれの考え方が「目標に向かう為にどうエネルギーを使っているか」という点が重要になります。

 

組織やチームの目標を達成する為に、組織の一人一人が「細胞」としてどんな考えを持っているか…

それぞれの細胞がどこに向かおうとしているのか、コーチングによって明確にすることです。

 

組織という人格が目指す場所と…

その人格を形成している一つ一つの細胞が同じ目的に向かった時…

組織ははじめて一体となり、ゴールへのエネルギーが生まれるのです。

 

メイク・センスでは、組織へのコーチングを…

「所属している人へのコーチング」

「トップへのコーチング」

「集団研修」

という形で提供しています。

 

組織がどこへ向かおうとしているのか…

それをトップとのコーチングにより明確にしていきます。

 

そして、その目標に向かって、所属している人はどのような考え方を持っているのか…

というのを明確にします。

 

さらに、全体でコーチング的なコミュニケーションを共有する。

 

トップの目指す場所…

それに付いて行く人の目指す場所…

それぞれの考えを共同体として共有する…

ゴールをはっきりと示し、お互いのズレを擦り合わせていくことで組織全体の一体感を生みます。

 

組織も1人の人格であると考える…

そうすることで組織だからこそのエネルギーが生まれるのです。