自分と他人を比較して、優劣や良し悪しを決めてしまいがちです。

 

人が生きる以上、それは避けようのない事実ですが…

比較は良い結果を生みません。

 

特に今はSNSが当たり前にあるので

他人の「充実している風な日常」が簡単に目に入ってしまいます。

 

ビジネスをしていても、自分のレベルや実力などを他の同業者を比べてしまい

落ち込んだり…

自信を無くしたり…

不安になったり…

そんなことはよくあります。

 

ただ、そのたびに出てくる結論は

「他人がどうか」というのは自分には何も関係がない。

という事実です。

 

他人が良いと、自分が悪いのか?

他人のレベルが高いと、自分のレベルが低いのか?

他人が上手くいっていると、自分は上手くいかないのか?

 

他人と自分…

そこには表面上の創作物では比較できない「違い」があるのです。

 

同じ仕事をやっていたとしても…

同じスポーツをやっていたとしても…

同じ年齢だとしても…

周りから比較されたとしても…

他人と自分は違うのです。

 

それをやる目的も違う

理由も違う

目的も違う

信念も違う

そもそも人が違う。

 

違うのに比較して自分を陥れたり

逆に、比較して安心しようとしたり

そんなことは無意味なことです。

 

常に在るのは

「自分がどうすべきか」

という問いに対する答えです。

 

あなたは、あなただけの良さがある。

 

他人との比較で生きるのではなく…

自分と向き合うことで創られる人生を生きてみませんか。