「専属コーチ」というスタイルは当社の大きな特徴です。

 

「自分には専属コーチがいる」

それがどれだけ心強いものであるか、私にはよく分かるからそこ大事にしたいと考えています。

 

そんな中で

「専属コーチをどう使うか」

というのはクライアント自身が決めていいとも思っています。

 

現在のクライアントも、「専属コーチをどう使うか」は人それぞれ違います。

 

まずは自分で考えて行動して、定期的なコーチングを受けることで成長したい人…

トラブルや悩んだ時に、その都度コーチと相談しながら成長したい人…

自分の成長を日々報告することで、モチベーションを維持したい人…

色んな人のアドバイスを受けながら、最終的にどうすべきかコーチと決めていきたい人…

ただ弱音を吐ける人としてコーチに頼る人…

 

クライアントの数だけ「専属コーチ」の役割があります。

 

「なぜコーチが必要なのか」

「コーチに何を求めるのか」

それが全員同じではないのです。

 

もし、あなたに専属コーチがいたら…

何を求め、何をしてほしいでしょうか?

 

そこに答えがあるなら、コーチングを受けることはプラスに働くでしょう。

 

自分に専属コーチがいる。

この感覚を体感してみませんか?