人生は一連の流れのようなもの…

確かにそうです。

 

だからこそ、人は過去に捉われて…

過去から今の自分を作り…

その延長線上の未来しか想像できなくなります。

 

自分の未来が過去の延長線上にあるなら

これほど面白くない事はないでしょう。

 

いうならば、惰性の中で生きていくしかなくなるからです。

 

その意識を変えれば、未来はもっと拓けて希望に溢れたものになるのではないでしょうか。

 

では、どういう意識になればいいか…

 

今のところ、私の中で1番良い表現方法は

「作る」

といったとこでしょうか。

 

流れの中で生きる自分…

ではなく

自分を作っていく。

 

過去からの流れではなく…

過去を材料にして、更に大きな自分を作っていくのです。

 

「なんとなく辿り着きそうな未来」

ではなく…

「辿り着きたい未来を作る」

この意識がとても重要です。

 

過去によって未来が決まる訳ではありません。

 

「どんな未来を作りたいか」

その未来に必要な材料を過去から引っ張り出してくるのです。

 

大事なのは過去ではありません。

 

未来をどう作るのか…

今この瞬間から、何度でも設計図は書き直せるのです。