コーチングでクライアントが求める成果には「行動」があります。

 

「行動」の意味合いは人それぞれで…

習慣の中で具体的な何かを指す人もいれば

営業成績などの目標を達成することを指す人もいれば

自分と向き合う事を指す人もいます。

 

一言で「行動」とは言っても、それは人によって違います。

クライアントは、間違いなく「行動」を求めて相談に来ます。

 

行動しなければ何も起こらないし、始まらない以上…

「行動」とは、コーチングの成果において何よりも重要なことです。

 

しかし、行動だけでは「やった気になった」だけで終わる事もあります。

 

行動とワンセットで必要なのが「学習」です。

 

行動すれば、必ず何かしらの結果が起こります。

クライアントにとって大事なのは、「行動」して「学習」する事です。

 

コーチングを受ける事で、クライアントの中では「行動と学習」が巻き起こります。

 

コーチとして大事なのは「行動させ、学習させること」です。

つまり…

クライアントを「進め」、「深める」というのがコーチの役割なのです。

 

クライアントはゴールに向かい「行動し、学習する」という意欲を働かせ…

コーチはゴールに向かうクライアントを「進め、深める」というサポートをします。

 

コーチとクライアントが、共にその役割に徹した時に

コーチングの関係性は結果となるでしょう。