上手くいっていない組織…

人が辞めていく組織…

コーチングを通して客観的にそういう組織を見ると、ある共通点があります。

 

それは

「社長やリーダーが裸の王様である」

という事です。

 

自分自身が経営を始めるとよく分かることですが

誰もが「良い顔」をして近付いて来ます。

 

それは本当に心から私を好きなのではなく…

「社長だから」

「仕事に繋がるから」

「気に入られたら得するから」

といった理由から「良い顔」をして接して来る人ばかりです。

 

いわゆる「忖度」されているのです。

 

それは、取引先や営業に来る人はもちろん…

社員や部下までそうなってしまっている会社は多く存在します。

 

そして、社長やリーダーがそれに気付かず…

「自分は有能で、誰からも愛されている」

といった勘違いが起こります。

 

勘違いは、コミュニケーションに軋轢を生み出します。

 

裸の社長は

上手くいかない理由を部下にあると考えます。

 

なぜなら「自分は有能で、誰からも愛されている」と思い込んでいるから。

 

そして「なんで有能な自分の言う事を聞けないのか」というジレンマから

感情的になってコミュニケーションを取るようになります。

 

その結果、耐えられない人は離れていきます。

 

でも、いつまでたっても気付かないのです。

 

どこまでいっても、誰もが良い顔をして近付いてくるのです。

 

社長やリーダーに必要なのは

「客観的に自分を見つめ、自分に気付くこと」

です。

 

自らコーチングを受ける経営者は、コーチングを通して自分に気付きます。

だから自分が変われば組織や部下が変わることに気付きます。

 

部下にばかりコーチングを受けさせようする経営者は、コーチングを通して部下を変えようとします。

だからいつまでたっても自分の落ち度に気付きません。

 

トップに立つ人は、自分自身が「裸になって、陰で笑われていないか」気付く必要があるのです。