クライアントの中には、コーチに対して

「どう思われるかな?」

「怒られないかな?」

といった事を気にする人もいます。

 

コーチの反応が気になってしまうのです。

 

気持ちは分からなくもないのですが…

その不安は無駄な事です。

 

なぜなら、

コーチは「評価する人」ではないからです。

 

よく勘違いされますが…

コーチは、クライアントの行動を評価する事はありません。

 

クライアントの行動を評価するのは

「クライアント自身」です。

 

他人からの評価では何も変わりません。

 

コーチは常に

クライアントが「自分でどう感じて考えたのか」

という視点で見ています。

 

コーチの評価ではなく

クライアントが自ら気付く。

 

コーチはそのサポートをするのです。