夢を語れない人は寂しく…

人の夢を笑う人はもっと寂しいです。

 

夢を語るのは、とても勇気が必要です。

 

笑われるかもしれない…

バカにされるかもしれない…

失敗するかもしれない…

だから、夢を語るのは勇気が必要です。

 

そして、人の夢を応援するのも同じように勇気が必要です。

 

夢を語らずに、現実を知っている顔をして大人であるかのような顔をする。

人の夢を、現実を知っている顔をして大人であるかのような顔をする。

 

そこには勇気もないので、すごく楽です。

 

楽な方向に行くのは、とても寂しい人生です。

 

コーチは夢を語りたい。

コーチは夢を応援したい。

 

恥ずかしい夢を、堂々と語れて

同じように夢を持った人を応援する。

 

そういう人がコーチになれるのです。