「自分をコントロールする」

言うは易しですが、実践は難しいです。

 

相手の言葉に落ち込んだり

凹んだり

イライラしたり

傷付いたり

そういう感情に引っ張られて、自分で自分をコントロールできなくなります。

 

そもそも、なぜ自分をコントロールするのが難しいのでしょうか?

 

それは

「負の感情は刺激的」

だからです。

 

人は、無意識のうちに「刺激」を求めます。

刺激的な事が大好きなのです。

 

例えば

「ただ何もせずにボーッと1日過ごしてください」

「何も考えないでください」

という事が出来ません。

 

ボーッとしようとしても、考えることをやめようとしても

刺激が無いので長時間は出来ません。

 

気付けば、刺激を求めて何かを考えてしまいます。

 

特に「負の感情」というのは刺激的です。

 

その証拠に、人に対する悪口や会社の不満などは

一度話し始めると止まりません。

 

実は、みんな負の感情が大好きなのです。

 

しかし

負の感情は百害あって一利なしです。

 

結果的には、憎しみ、悲しみ、怒りに支配され…

その刺激は快感を生み、自分で止める事が出来ません。

 

自分をコントロールする為には

「自分が負の感情に支配されている」

その事実にまずは向き合うことです。

 

気付かなければ、刺激の快感は止まることはありません。

 

支配されるのではなく、支配される前に自分で気づく。

 

それが自分をコントロールする為の第一歩です。