コーチングは質問によって、相手が自ら考える事を促します。

 

その中でも、私がよく使う質問は

「あなたはどうしたいのか?」

という質問です。

 

目標や課題に対して、様々な考え方があります。

 

しかし、そのどれにも正解はありません。

 

仮に正解があるとしたなら…

「あなたの考え」

が正解です。

 

それなのに、多くの人は「他人の考え」を正解と捉えてしまいます。

 

コーチは、クライアントの価値観に沿った答えを明確にするので

「あなたはどうしたいのか?」

という質問を使います。

 

シンプルであり、重要な答えです。

 

「あなたはどうしたいのか?」

シンプルなその問いには、言葉以上の意味が込められています。

 

期待、信頼、叱咤、激励…

たったそれだけの問いだとしても、それを言う背景には言葉以上の意味が込められています。

 

コーチが大事にするのは、言葉よりも

その内側にある想いです。

 

そして、それはクライアントに必ず伝わります。

 

質問に込める想い…

それを大事にできるコーチは、たった一つの質問にも様々な意味を込めます。

 

込めた思いや意味は

必ず伝わります。