自分の成長を止めるのは、自分自身なのかもしれません。

正確には、過去の自分自身です。

 

過去の自分と、今の自分…

考え方も目指すところも多少なり変化があるはずです。

 

それなのに…

過去に決めた目標に引っ張られたり

過去に宣言したことに捉われたり

そうやって、未来の自分を作ることに対して、過去の自分が足を引っ張るときがあります。

 

過去の自分と今の自分は違います。

そして、今の自分と未来の自分も違います。

 

自分の立てた目標を確実にクリアすることは大切です。

自分との約束を守ることも大切です。

 

でも…

私達が作ることができるのは未来だけです。

 

あの時、自分が決めたことは

あの時の自分が決めたことです。

 

言うことが違うのも

目指す場所が変わるのも

当然なのかもしれません。

 

だからこそ、思い切って過去の自分を捨てることも大切なことです。

 

過去の自分に縛られるぐらいなら

いっそのこと捨ててしまう勇気も必要なのです。