世の中には様々な仕事があります。

コーチングも数ある職業のうちの一種です。

 

そして、世の中の仕事は「分類分け」をされています。

 

一次産業、二次産業、三次産業…

いろんな形の仕事があります。

 

そんな中で、コーチングという仕事は一体どこに当てはまるのでしょう。

 

私の考えでは「コーチングは0次産業」です。

 

コーチングとは、全ての人の土台となる

メンタルを扱う仕事です。

 

人のメンタルは、いかなる職業であれ…

いかなる立場であれ…

人が生きる上での土台なのです。

 

だからこそ、メンタルを扱うコーチングという仕事は

どの仕事にも当てはまらないのです。

 

逆に言えば…

コーチングは、どの分野にでも重要である仕事だと言えます。

 

それほど、コーチングが対応できる範囲は広く

すべての基礎になる分野です。

 

コーチングは、どんな事にも対応できます。

 

あなたの仕事にコーチングを取り入れるなら

どんな効果を求めますか?