高いマインドを作ることは非常に大事です。

なりたい自分に近づく為に、高いマインドを作る必要があります。

 

マインドとは一体なんなのか?

そしてマインドはどうやって形成されるか?

 

僕のエピソードを紹介します。

 

僕は小学校1年生の頃から野球を始めて、今でも野球を続けています。

自分で言うのもなんですが、小学校の頃から運動神経は抜群で野球でもレギュラーは当たり前でした。

 

しかし中学生になった時に僕の野球人生を大きく左右する出来事がありました…

中学生の僕は上級生達に混じってレギュラーとして試合に出させてもらっていました。

 

しかし、ある日突然試合に出してもらえないようになったのです。

 

衝撃でした…

理由は分かりません。

分からないまま大会を迎え、試合に出ることなく終わってしまいました。

 

僕は勇気を出して監督に理由を聞きました。

するとこう言われたのです…

 

「お前はメンタルが弱い」

 

メンタルってなんだ?

中学生の僕はメンタルの意味を知りませんでした。

腑に落ちない僕は本屋へ行き、メンタルと書いた本を読み漁りました。

 

メンタルとは気持ちのことのようだ…。

つまり、俺は気持ちが弱いのか…。

 

中学生の心に深く刻まれたのです。

僕の潜在意識の中に「メンタルが弱い人間」というマインドが刻み込まれました。

 

その出来事から急に、試合で緊張するようになりました。

 

どんなにいいプレーをしても

「自分はメンタルの弱い人間だからたまたまだろうな…」

 

失敗しても

「やっぱりメンタルが弱いんだ…」

 

野球ではなく、自分の弱さにしか目がいかないようになりました。

 

それは野球だけではなく、人間関係や夢に対してまでもそう思い込むようになっていたのです。

そこから必死で勉強やトレーニングをして、今ではメンタルの正体も克服方法も分かっています。

 

この出来事が僕の人生にとって良いか悪いかは置いといて…

自分という存在は、自分自身の思い込み(=マインド)で出来上がるという事です。

その思い込みは周りの誰かに作られたことかもしれませんし、自分自身で勝手に思い込んでいることかもしれません…

 

つまり、思い込み(=マインド)を変えれば自分を変えられるのです。

 

自分が変わるということは未来の自分が変わるという事です。

自分をコントロールして理想に近づく為には、なりたい自分を描いてマインドを作り上げることが重要なのです。

 

あなた自身が変わりたいのであれば、なりたい自分の思い込みを変える。

誰かを変えたいのであれば、その人の思い込みを変える。

 

環境、言葉、人、行動…少しずつ自分を変えることで理想の自分に近づくことができるのです。