「なんでスポーツ選手はトレーニングをし続けるのに、ビジネスマンはトレーニングをし続けないのか?」
ここで言うトレーニングというのは「自分を高める」という意味合いです。
スポーツ選手はプロとして、トレーニングを欠かせません。
きっと、常に高いパフォーマンスを求められ、肉体は鍛え続けなければ衰えるから。
という理由があると思います。
ではビジネスマンはどうでしょうか?
確かに知識として蓄えた事が衰えるという事は、ボケない限り大丈夫です。
だとしたら、必要以上に鍛えなくても、現状維持しとけば状況がマイナスになることはないのでしょうか?
…そんなことはありません
知識は衰えるんです。
確かに経験して学んだり、自分で勉強した内容自体が衰えるという事はないかもしれません。
しかし、知識には「流行」があります。
言い換えれば、時代の流れです。
若い頃に蓄えた知識を、40代や50代になっても信じ込んで思って部下に押し付けていませんか?
その時は正しいとされていた事でも、今では古い考えとして笑われているかもしれません。
知識は財産です。
若い頃に蓄えた知識は何倍にもなってあなたに利益をもたらすでしょう。
しかし、それは貪欲に新しい知識を吸収するトレーニングをした場合の話です。
スポーツ選手が何もトレーニングしなければ、ゼロになるどころかマイナスになるでしょう。
ビジネスマンも一緒なんです。
現状維持するという事は、プラスマイナス0ではないんです。
マイナスになるんです。
3流は、現状維持している事に満足しているので急降下でマイナスに向かっていきます。
2流は、人並みに鍛えてプラスマイナス0を維持します。
1流は、人の何倍も知識を吸収して何倍ものプラスをもたらします。
現状維持では、プラマイ0じゃなくマイナスです。
本を読みましょう。
話を聞きましょう。
安全な場所ではなく、挑戦する場所に行きましょう。