僕が今元気に生きているのは色んな方々の支えのお陰です。
もちろん色んな方に迷惑をかけながらここまで来ました。
そして、その人達にどうやって恩返しをしようかいつも考えています。
恩返しの方法は色々あります。
人によっても違います。
僕のは「恩を繋ごう」と思っています。
僕の人生において、コーチングの師匠との出会いは計り知れない程大きな出来事です。
僕自身が師匠のコーチングによって救われました。
僕がコーチングをしたいと言った時に全力で応援してくれました。
その師匠をはじめ、僕を支えて下さっている皆さんにどうやったら恩返しが出来るだろうといつも思っています。
会って元気な姿を見せるのか、何か贈り物をするのか、師匠のセミナーに参加する事か…
いつも考えています。
でもある時思いました。
そんなもの求めてないだろうなと。
そして僕なりの恩返しの方法を考えました。
その答えが「恩を繋ぐ」という事です。
僕が師匠に出会って救われたように、僕も力をつけて誰かを救おうと思いました。
そうやって自分が受けた恩を、次に繋いでいく事が真の恩返しではないだろうかと。
もちろんお金の借りがあったり、返すべきものがある場合は返さなければいけません。
そこは綺麗事抜きで勘違いしてはいけません。
気持ちで受けた恩は、気持ちで次に繋いでいきます。
そうして僕が救った誰かが、そのまた誰かを救っていく。
そうなればみんな繋がって世界平和です。
世界とはいかなくても、自分に関わってくれた人達には恩のリレーを繋ぎたい。
見返りを求めないとはそういう事ではないでしょうか。
「俺に返さなくていいから、次に繋げてくれ」
そういう器の男になる為に、僕は恩を繋げていきます。