「ルーティーン」というのをご存知でしょうか?
よくスポーツ選手がやる「集中する為の一連の動作」です。
イチロー選手やラグビーの五郎丸選手のルーティーンは有名ですよね。
僕も野球の時はルーティーンがあります。
この前のブログで書いた「3つのR」も僕のルーティーンです。
ルーティーンは最高の集中状態を生み出してくれます。
スポーツでも仕事でも、最高のパフォーマンスをするにはルーティーンが不可欠です。
でも変えるべきルーティーンもあります。
ルーティーンとは「一連の動作」です。
良いルーティーンは、行う事によって「平常心」をもたらせてくれます。
緊張する場面で、いつも通りの精神状態になるのが良いルーティーンです。
では、逆に変えるべきルーティーンとはどういったものでしょうか。
それは「惰性」でやっているルーティーンです。
毎日同じ通勤電車、毎日同じ仕事、毎日同じ人に会う…
これもルーティーンなのです。
無意識のルーティーンはあなたの脳の働きを奪います。
なんとなく毎日やっている事は、慣れてきます。
そうして惰性の日々を過ごして、気付いたら歳をとっていた…
なんて事になります。
ここぞという勝負所では、最高の集中状態を作り出す為のルーティーンを…
そして、惰性でやっているルーティーンは思い切って破壊する勇気を…
付き合う人を変えてみる、
行く場所を変えてみる、
時間の使い方を変えてみる。
あなたの脳は刺激を受けて、今までにない新しい自分に出会えるかもしれません。