僕は師匠とのコーチングを録音しています。

そして今でもそのコーチングの音声を聞いて、自分の事を見つめ直すことを習慣にしています。

師匠とのコーチングでは「どうやって成功するのか」という事をテーマにしていました。

 

もし、これから自分の充実した人生を見つけたいのなら…

一瞬で成功に向けて動き出す方法があります。

それは自分の事よく知って、得意な手段を使って進む事です。

 

世の中には「成功者はこうやっている」という情報で溢れています。

僕もブログでは成功法則をよく書きます。

 

でも、成功者にはタイプがあります。

得意、不得意、好き、嫌いがある訳です。

 

例えば、スティーブジョブズは「クリエイター」です。

ジョブズの信念は「自分達の作ったコンピューターで世界を変える」という事です。

「コンピューターを開発する」という手段で成功しました。

一方で経営や人間関係は苦手だったので、経営の事は経営のスペシャリストに任せた事でアップルは急成長しました。

 

では、同じようにインターネットの分野で成功している孫正義はどうでしょうか。

孫さんの場合は、自分で考えたアイディアを大手の企業に売る事でビジネスをスタートさせました。

時代の流れを読み、チャンスのある業界でM&Aを繰り返す事で会社を成長させました。

孫さんは、人間関係の中や交渉によって自分の地位を掴んでいく「ディールメーカー」です。

 

スティーブジョブズが、コンピューターの開発を人に任せて経営者になろうとしても成功していなかったかもしれません。

孫正義が、人間関係を捨ててコンピューターの開発を自分でやろうとしても成功していなかったかもしれません。

 

このように人には自分に合っているやり方があり、無理して成功しようとしても苦痛が生まれます。

自分が心から楽しめる得意分野を知っておく事が必要です。

 

僕自身も「キツイな」「辛いな」と思った時は、自分が苦手な事をやろうとして必死になっている場合が多いです。

同じ結果を求めても、そこに自分がどう携わっていくのか…

どういう手段でそこまで行くのか…

自分が苦痛を感じずに「没頭」できる手段はなんなのか…

迷ったら原点に返って、師匠とのコーチングで得た気付きを振り返ります。

 

視点を変えれば、いとも簡単に達成してしまうものです。

 

コーチングでは、様々な視点から自分だけの答えを探していきます。

出た答えは、常に自分の道標となって成功へと導いてくれるのです。