コーチングの基本技術は3つです。

「傾聴」「承認」「質問」

です。

 

コーチングを学んでみたいという方は、この3つを会話の中で意識するといいでしょう。

 

「傾聴」とは、相手の話を熱心に聞くことです。

自分の話ばかりをするのではなく、相手の言葉や言わんとする事を全力で聞いてください。

 

「承認」とは、相手の事を認めてあげることです。

相手の考えを否定するのではなく、認めてあげて肯定してください。

 

「質問」とは、相手の事に興味を持つことです。

相手のことを知った気になるのではなく、もっと興味をもって知りたい事を質問してください。

 

なんでこの3つが基本になるのか…

コーチングは「コミュニケーションスキル」です。

 

まずは心を開いてもらう必要があり、

相手の心がオープンになっている状態でないとコミュニケーションは成立しません。

「聴く」「認める」「知る」という姿勢で、相手の心を開いていくわけです。

 

これはつまり「相手の懐に入る為の3原則」という事です。

考えてみてください。

「自分の話を真剣に聞いてくれて、

自分のことを認めてくれて、

自分の事をもっと知りたいと興味を持ってくれる…」

 

こんな人が相談に乗ってくれたら心強いし、話を聞いてもらいたいですよね。

簡単だし、日常生活でも使えそうな技術だと思いませんか?

「傾聴」「承認」「質問」

たったこれだけです。

 

が、しかし!

表面上で小手先の事をやってもそれはコーチングではありません。

大事なのは「信念」です。

コーチングにおける「信念」とは、

「どんな人にも可能性がある」という不変の真理です。

 

「この人にも可能性があるんだ」という信念を持って接することで、初めてコーチングの技術が活きるのです。

 

その信念と、3つの技術を意識してコミュニケーションすれば…

あなたの人間関係は劇的に変わるでしょう。