僕がコーチングで明確にしたい事は、

「感情の正体」です。

 

うれしい、楽しい、悲しい、悔しい、腹立たしい…

起こった出来事に対して、色んな感情が出てきます。

その感情の正体を突き止める事がコーチングです。

 

「好きな事を仕事にしたいけど、どんな職業がいいのか分からない」

こういった相談を受けた時にまずやる事は…

「過去の出来事からヒントを見つける事」です。

体験の中から「好きな事のヒント」を見つけます。

 

「こんな事があって、楽しかった」

「これをやっている時は夢中になれた」

「逆にこうやっている時はつまらなかった」

といった出来事の中に必ず「感情」があります。

 

例えば「野球をしている時が楽しかった」

というのがヒントです。

「だったら野球をしよう…」ではありません。

「野球をしている時に楽しいと感じたのはなぜか?」

という事を掘り下げていきます。

「楽しい」という感情の正体を突き止めます。

 

ここから相手は、自分で気付いてない部分に向き合って内省していきます。

「仲間でひとつの目標にたどり着くのが楽しかった」のか

「目立ってヒーローになれるから楽しかった」のか

「戦略を考えるのが楽しかった」のか

具体的に考えていきます。

「何を以って楽しいと思うのか」

その感情の正体がその人の価値観であり、未来を作る材料です。

「なぜ楽しかったのか」が分かれば、

「何をすれば楽しいのか」が分かる訳です。

あとはそれが可能な職業にチャレンジしていくだけです。

 

「湧いてきた感情」はあくまで、起こった出来事に対する結果です。

「なぜその感情が湧いてきたのか」

「どういった事がその感情を生んだのか」

 

「感情の正体」が分かれば、解決策も見えてきます。

 

感情の正体が、その人の価値観を作っているのです。