「なんの制約も無かったら何がしたい?」

この質問がコーチングのスタートでありゴールです。

 

本当は制約なんか何も無いのに、

人から言われた言葉や情報によって、自分で勝手に制約をかけて行く訳です。

 

「制約がなかったら、あれしてこれして〜」

と想像できるなら、まだマシです。

 

ほとんどの人は、何も想像できません。

 

「出来る出来ない」じゃないです。

「何がしたいのか」という事が大切です。

 

コーチングで最終的に問いたいのは

「本当は何がしたいの?」

コレだけです。

 

どんな小さな悩みでもそうです。

悩みや不安は、誰でも持っています。

 

例えば

「上司と上手くいかないんです」

と、相談されてなんてアドバイスしますか?

 

「こうやったら上手くいくよ」

これはコーチングじゃなくティーチングです。

 

コーチングではこう問います。

「上司との関係がどうなるのが理想なの?」

小さいかもしれませんが、この質問に対する答えが「目標」です。

 

でもその答えが簡単に出てこないから、コーチングスキルが必要になってくるんです。

色んなアプローチで相手に気付きを与えていきます。

そして、悩みの中にある「本当に望む未来」に気付いていく…

 

あなたの悩みは氷山の一角です。

気付いていない部分にこそ、

「本当はどうしたいのか?」が隠れています。

 

それに気付いた時に、初めて自分の人生を生きる事が始まるのです。