コーチングをやればやる程、課題が見えてきます。

でも、それは退化ではなく進化なんです。

進化しているからこそ、新しい壁が現れます。

 

僕が野球で現役だった頃、ある人にこんな事を言われました。

「なんでスランプがあるか分かるか?

スランプが無かったら考えたり、努力する事をやめるだろ。

スランプの時に必死でやるから成長する。」

と言われました。

 

今のレベルに満足してしまえば、楽だし苦しむ事もありません。

でも成長はないですよね。

 

僕はコーチングを始めて、壁しかありません。

1日1日を見ると、悩んでる事の方が多いかもしれません。

でも長い目で振り返ると、コーチングの技術も段違いにレベルアップしていると実感します。

 

毎日悩むし、その分毎日進化しています。

今の僕は、1秒前の僕より確実に進化しています。

 

師匠には

「恭ちゃん、簡単に上手くいったら小物で終わるよ」

といつも言われます。

 

行動し続ける限り、死ぬまで成長は終わりません。

今あなたが悩んでいる事は、大きな進化の布石です。

逃げずに向き合った先には、大きな進化が待っているでしょう。